梅村長幸、考え中。

蛇の瞳に恋してる

オルソケラトロジー 体験期その1「検診とお試し版」

三十年以上、メガネ生活をしていたが、思うことがあり、ここにきてオルソケラトロジーという視力矯正方法をやってみることにした。

この強制方法は夜に特殊なコンタクトレンズをつけて就寝すると、コンタクトが角膜の形を変形させて、うまく焦点があうような癖がつき、翌朝目がよくなっているいうもの。癖をつけるだけなので日数がたつと元に戻ってしまうというもの。

ネットで病院の評判を確かめて電話の受け答えがよかったところに予約。初日は目の検診をして適用可能かの確認とお試し版のコンタクトをつけて使用具合を体験する。

 

受付で名前を述べて問診票に記入した後、しばらくすると目の検査のために呼ばれる。これらは健康診断で行われるような焦点や、眼圧などに加えさらに特殊な検査もあった。おそらく角膜の状況を確認したりなどがあった。さらにCの字を使った視力検査をおこなう。

自分の場合は裸眼で両目とも0.1をかろうじてキープ。度数でいえばD-3.0よりちょっと悪いくらいで、「中度の近視」に分類されるとのこと。乱視はほぼなかった。オルソケラトロジーは視力が悪すぎると効果があまり期待できないということで私の視力は適用範囲内にはなるようだ。角膜はきれいといわれた。

その後、お医者さんの検診、オルソケラトロジーの説明となった。Webで情報は読み漁っていたのでとくにサプライズはなく、すすめていくことができた。

その後いよいよお試し版のコンタクトの試着だ。担当の方に装着をしてもらう。これまでコンタクト歴がほぼないので、いきなりハードは異物感が大きく、まず目が開かことが難しい。視線を動かすたびに不快な感覚が呼び起こされる。装着後しばらくは目をつむる。しばらくして慣れてきて、携帯をみるために視線を下に落とすのはなんとかできたが、でも視線を動かすとつらい。この状態でもう一度お医者さんの検診をはさみながら一時間の待ち。

一時間後、再度お医者さんの検診。とりあえずコンタクトがずれたりとかの問題はないもよう。さらにコンタクトを外した状態の目の検査と視力検査がはいる。視力検査の結果、0.1=>0.2~0.3程度に上昇。本来なら就寝中の6-7時間でもっとしっかり癖をつけるのだが、1時間程度ならばこんなものだろう。たしかに装着前の裸眼より見えやすくなっているのは感じたのだが、劇的に、というわけではなかった。

とりあえず効果も確認ができ、適用に不安も少ないようなので、そのまま購入を依頼することにする。通常3-4日で自分のコンタクトが届くというので、その後定期的に検診をしながら使用をすすめていく。

裸眼生活がうまくいくとよいなー。