Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

一周して尊敬をしてしまう「ねほりんぱほりん」総集編

TV

今各方面で話題になっているNHK Eテレで放送中の「ねほりんぱほりん」。Webで話題になりアンテナにひっかかってはいたものの視聴する時間もなかったのですが、元旦あけに傑作?総集編を6本放送するということで録画をしてやっとこみることができました。テーマは、「プロ彼女」「二次元しか愛せない女」「元麻薬中毒者」「ハイスぺ婚」「転落社長」「議員秘書」など、過去の傑作選。それだけあってどの番組も興味をそそるないようとなっていた。というか私の大好物と言わざるを得ない。

 

www4.nhk.or.jp

 

それぞれの回のゲストはとてもアクが強く、ごくまれに「こいつ死ね」と思うこともあったのだが、最終的にある一点で尊敬の念をもってしまいました。

 

それは、ここにくるゲストの多くは自分の目標をもち、その目標を達成するためにあらゆる努力をして、なおかつその目標を達成している、ということが言えるからです。たとえそれが周りの人からみると滑稽とみえる目標であったとしても、ですが。

すくなくとも彼女らは、同じ目標をもっている仲間内からすれば「成功者」といえるのではないでしょうか。例として、偽装キラキラアカウントでセレブOLを演じるため、すくない上京時の写真を巧みに使いまわしてたくさんのフォロワーを集めて偽装を成功しています。またハイスぺ婚にあこがれるために、お嬢様女子大に入学し、お嬢様の礼儀をみにつけ、相手を研究し尽くす、など、涙ぐましい努力を重ねて成功を収めているのは疑いの余地はないです。

彼女らと自分を比較して、自分の目標の曖昧さ、ゆえにその目標に向かっていく意思の弱さなどが浮き彫り出されてしまった感じがした結果、なぞに尊敬の念を抱くことになってしまいました。

 

一方で感じたのが目標を達成した後の「燃え尽き」感が気になってしまいました。「ハイスぺ婚」でいえば、披露宴の司会の新郎紹介時、「東京大学卒業でー」というところがピークだったと語り、そのあとの結婚生活が満足せず不倫してしまうという始末。目標を達成するまではひたすらそこに向かって走り続けてみたが、いざ達成してしまうと冷静になり、今まで見えなかったものが見えてくる感じなのでしょうか。この様子をみているとなまじ夢など叶えないほうがよいのかなとも思ってしまったり。

 

とにもかくにも、この番組は毎週欠かさずみることを決定しました。ここ最近のNHKの番組構成は目をみはるものがあります。