思考ノイズ

無い知恵を絞りだす。無理はしない。

Python

Chainerをつかった助詞の学習システムを作る (2)

続き bython-chogo.hatenablog.com 前回は助詞を学習して、正しい助詞をSuggestするシステムを作りました。ただ、テストをしてみたところ正答率が50%超とちょっと微妙な正解率。はじめてにしてはよかったと思うけど、でも実用的には使えないです。目標として…

Chainerをつかった助詞の学習システムを作る

久しぶりにPythonでちょっとおおネタ。複数回にまたがりそうなうえ、個別項目の備忘録も必要になってくるかもしれないですが、見切り発車でGoです。 モチベーション Chainerによる実践深層学習作者: 新納浩幸出版社/メーカー: オーム社発売日: 2016/09/09メ…

「自然界の黄金比」をプロットしてみる

話題になった黄金率の話にうすーく乗っかってみたくなりました。 モチベーション www.watto.nagoya 正直、連分数に関してちゃんと理解できていないのですが、とにかく、 (略)これは、黄金比の有理数による近似は常に精度が最も悪くなることを意味するのであ…

Chainer - ミニバッチベースの各モデルの学習結果を比較してみる

昨日に続き、Chainerのお勉強。第4章のIris識別方法を比較してみたものの備忘録です。 Chainerによる実践深層学習作者: 新納浩幸出版社/メーカー: オーム社発売日: 2016/09/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 第4章ではChainer…

Irisデータサンプルプログラムのグラフプロット

現在、以下の本でお勉強中。個人的な備忘録です。 Chainerによる実践深層学習作者: 新納浩幸出版社/メーカー: オーム社発売日: 2016/09/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る オライリーのDeep Learning本も一通りやったうえで、言…

画像に集中線をいれるコード

久しぶりにPythonのコーディングネタ。軽めですが。 モチベーション employment.en-japan.com このネタ。でも正直テストとかよくしらないです。ただ集中線を描くプログラムというワードにピンときて書いてみたくなりました。最近はOpenCVを使ったコーディン…

異常検知と変化検知 - 第3章 k近傍法

モチベーション 異常検知と変化検知 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)作者: 井手剛,杉山将出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/12/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る この本読み始めました。専門知識とか、数学の基礎知識が多く私が理解…

ランダム迷路をコーディング

モチベーション 昔よく遊んだゲームで「トルネコの大冒険」というのがありました。いわゆるローグ系の走りで毎回変わるダンジョンの配置に驚かされたものです。今回はそのダンジョンをランダムに作る・・・と思ったのですが、頭で考えた限りではちょっと設定…

ライフゲームをコーディング

モチベーション あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識作者: 多田智史出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2017/01/10メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る この本読んでます。知っていることから知らないこと、新しい…

天邪鬼的に修正天動説の動画GIFをコーディングしてみた

モチベーション gendai.ismedia.jp 僕は生まれてこのかた、自分の感覚的に地動説が正しいと感じることがありません。この地球上にいる以上は天動説こそが真理に感じてしまいます。 ではなぜそれが正しくないということを知っているかというと、こちらのエン…